→ネットショップ経営では商品価格が勝負!運営次第で経費は違う


ネットショップは資金がゼロでも開業できます。

ただし、売りたい物を仕入れるための最低限の資金は必要です。それは取扱商品によって、金額は変わりますから一概にいくら資金が必要かは言えないです。

ネット通販では価格が勝負となります。
店舗小売りと異なり、中間業者が入らないことなどで経費を抑えることによって低価格を実現しています。
中間業者が入ることにより価格が上がってしまっては、顧客にもデメリットとなりますし競争力を失います。
価格設定は、他の同類のサイトを研究して決めましょう…それで利益が出せますか、ということにもなります。

まずネットショップをどのような形態で開業するかによってずいぶん変わります。ネットショップといえども、リアルなお店と変わらず、出店計画をちゃんと練らないと、資金繰りが苦しくなる可能性大です。
どのような形態でどのように売るのかをよく考えて資金を用意することをオススメします。

楽天などの出店システムを利用するのであれば、初期費用に5万~10万円、月額使用料として5万円前後。
これら合計額を1年分は用意しておいたほうがよいでしょう。


自分でドメイン取得し、レンタルサーバー上で開業するのであれば、サーバー初期費用は1万円程度、サーバー月額使用料数千円からです。
これを1年分は確保しておいたほうがいいです。

ただし、自ドメインの場合、ショッピングカートなどのシステムを自前で用意する必要があり、オープンソースソフトウェアなどを自分でインストールして使うのであれば、費用はかかりませんが、
オリジナルのショッピングカートを開発したり、パッケージソフトやオープンソースソフトのインストールを業者にお願いするとなれば、安くて10万円、通常数十万は用意する必要があります。


また、楽天などのシステムを利用する場合も、自ドメインサイト運用をする場合も、サイトデザインなどのサイト構築をする必要があり、これをすべて自分でやれば、費用はかかりませんが、どこかの業者へデザインなどをお願いするとなれば、数十万の費用がかかります。


その他、広告などプロモーション活動も必要となり、その媒体・方法によって費用もバラバラです。

仮にPPC広告をやるとすれば、10万円/月を1年分くらいは最低でも用意しておいたほうがいいのではと思います。

個人であれば、開業届けの提出はしておいたほうが良いです。開業届けに関して法的に届出規定というものはないのですが、青色申告の恩恵を受けることができます。
(法人の場合は、登記などの問題が絡んできますから、少し事情が異なります)

あと、ネットショップの場合は、特定商取引に関する法律(通信販売)の適用を受けますので、責任者の氏名・電話番号・住所の開示が必要となります。開業前に専用の電話番号を用意するのかなどを決めておいたほうが良いでしょう。

おすすめ
素人であれば、月500円のレンタルサーバーを借りて、そこにEC-CUBEという無料のCMSを入れれば、本格的なネットショップがすぐに作れます。
ネットで調べながらやれば、1時間もかからないで完了です。

顧客管理、商品管理、売上げ管理、会員登録、ポイント付与、カート機能と必要な機能は全て使えます。
デザインをいろいろいじりたければ、ちょっと勉強すれば、自分でも変更できますが、EC-CUBEのテンプレートを売ってるとこもあるし、カスタマイズをしてくれるところもあります。

あと、「見込み客」の集客を保証してくれるサービスなんてどこにもないです。

宣伝・集客が自分でできるぐらいの知識をつけて、自分で考えてやっていかないと、売上げには結びつかないと思います。
業者に騙されて終わりです。効果が出ないことに気がつくまで時間もかかります。

集客のコンサルティングサービスとかもありますが、「アクセス数は増えてるんですけどねー、商材のせいですかねー、あと1,2か月様子みてみましょうか」とか、専門用語をズラズラならべて、のらりくらり言い訳をして契約を伸ばし、騙されたことに気がつくころには2年とか経ってると思います。

装備品としては、ネットショップは写真が命ですから、撮影機材と場所が必要になります。
具体的には1眼レフカメラ、ライト、背景、ワンピースがあるとのことでトルソーなどのマネキンは必須でしょう。
小物用の撮影背景もあるといいでしょうね。



今のネットショップは広告宣伝費をかけないと客集めはかなり難しいです。
多くが有料化したため昔のようにただで宣伝してくれる集客力のあるところはあまりありません。

よってそれなりに集客をしようと思えば実際に店舗を構えて折り込みチラシに金かけているのと大きく変わりません。
ただ、ネットショップは小規模でやろうと思えばできてしまうだけです。

この点は昔と違ってかなり安いレンタルカートもあるので低コストでできてしまいます。
でもそういった激安レンタルカートで低コスト運営しているところで売れている店は殆どないと考えてよいと思います。

尚、昔っから変わっていない点は殆どの店が閑古鳥で月の売り上げほぼゼロに近いです。この点は昔っからです。
売れている店は極々一部と考えた方がいいでしょう。
その極々一部も赤字売りかも知れませんけど。

だから昔、有名だった安売り店の多くは潰れて無くなっているかそこそこの価格帯に変わっています。
かなり厳しいという点がこの点からもわかると思います。

まぁー商品次第です。既存店が調達できないニーズのある合法な商品を貴方だけが調達して販売できるなら強いです。
もし、それができないのなら知名度と価格競争などで勝てるかどうかです。




ナビ