→ネットショップ経営でカギとなる送料を徹底分析



ネットショップでショッピングしていて思うことは、送料が意外と高いということです。

気にしていない人もいるとは思いますが、商品によって大きく異なることもあります!
ネットショップは実店舗に比べるとどうしても送料がある分が高くつくこともあります。

ただ、まとめ買いすることでかなり軽減できることも。たとえば米20kg以上のまとめ買いなんかは実店舗で個人ではなかなか難しいが、ネットショップなら届けてもらえるので送料分も含めたとしてもとてもお得なお買いものとなるでしょう!

食品は特にクール宅急便で来るから、送料が高めになってしまうのは仕方がないのですが、ちょっとしたケーキを買うにも850円くらい送料を払わなければならないとなると、実店舗の方が良いと…購入を考え直してしまうケースもあります。

送料無料期間などがあると、そのときに買うようにしていますが、なかなかそういう期間もなくて、食品は買うのをためらっています。

衣類やアクセサリーなどは実店舗で買うより安く買えるので、買っていますが、こちらも送料が気になるので、いくら以上買うと送料無料というのに引かれて、買い過ぎる傾向にあります。それを踏まえてネットショップを運営する側としては…

やはり送料は無駄というイメージを持たれているのであんまりかけたくないのが正直なところ。 だからたくさん買ったら送料は無料というサービスや、少しのものはメール便で安く。などなど、買い手にやさしいサービスをしているところだと印象がすごくいいと思います。


ポイントは送料込というワード!この単語には注意が必要です。

購入者からすると商品の代金+送料ということで安いという印象が自然とあります。ちゃんと計算している人には効果があまりないですが、色々なネットショップを見てみると全然安くなっていないところとかありますから!

購入者の立場からするとちょっとでも安くなってなきゃ意味がないですから注意が必要です。送料込という単語で、お得と思っちゃうんですよね。でもそうとは限りません。色々とネットショップ側は工夫していますし、購入側も同じ商品名なら安いものを買いたいですからね!


ナビ