→会社に応じた銀行との付き合い方や選び方がある


1 . 銀行の選び方
① 小さな会社でも対応してくれる分相応のところがよい。
②都市銀行は、大企業向きの銀行なので、 きめ細かく対応してくれる地方銀行以下がよい。 ただし信用金庫は融資を受けようと思ったら会員にならなければなりません。信用組合は組合員にという制限があります(加入手続きは、 それぞれの窓口で加入申請手続きを取ればよく比較的簡単です)。
③事業所から近い方がよい。 日常の金銭の出納に便利な方がよい。
④地元に密着している銀行がよい。

2 . 銀行とのつき合い方
つき合い方は、「信用」をつけることにつながります。
①預金を集中する。 個人の預金も集中します。 資金を分散しては意味がありません。主力銀行をつくる気持ちが必要です。
②回収した現金、小切手、手形をその銀行に預けるようにすること。
③電話料金等公共料金の自動振替のサービスを集中する。
④積立預金を継続して、 毎月確実に続ける。
⑤将来の方針や現況などよく説明しておくこと。銀行とのコミュニケーションを密にとっておくことが大切です。アドバイスもしてくれます。
⑥帳簿の記帳も正確に整然としておき、 銀行への説明資料にする。 信用度が違ってきます。

3 . 当座取引のポイント
当座預金の口座を作るには、 銀行の審査が必要で、 誰でも作れません。預金取引はどうか、 企業の経理内容は健全か、 取引停止処分は受けていないか等がチェックされます。 したがって、 実績のない企業は申し込みをしても断られますので開業してから当分の間は、 使えないと考えた方がよいでしょう。
①銀行の承諾をもらって設定した当座勘定に現金のほか手形・小切手などを振込み、 これを自社が振り出した手形・小切手の支払資金とするものが当座取引の内容です。
②当座預金には、常に振り出した手形・小切手の支払資金として充分な金額を置いておく必要があります。
③当座預金には、利息はっきません。 当座に預金を置きすぎるのもいけません。必要な預金額にしておくことがポイントです。
④当座預金には通帳がありませんので、毎月末に残高証明書をもらって銀行取引帳と照合しておくことが大切です。

主要銀行一覧
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
新生銀行
あおぞら銀行
シティバンク銀行
ジャパンネット銀行
セブン銀行
ソニー銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
じぶん銀行
イオン銀行
大和ネクスト銀行





ナビ