→ショップ開業で抑えるべきチェックリスト10撰



最低限これだけあれば開業できる
インタ—ネット通販は初心者でも十分できます。ただし、押さえておかなければいけないポイントがいくつかあります。まず、ネットショップをオープンするための流れを見てみましょう。

ステップ①バソコンおよびネットにアクセスできる環境を整える

ステップ②商品の掲載や注文フォームなどのサイトを作成する

ステップ③掲載する場所(サーバ—)を借りる

ステップ④②で作成したものを③で借りた場所へ移す(アップする)。
これで完了です。

この場合、インタ—ネット初心者の経営者は、ステップ②以降の作業を、詳しい社員やサイト作成会社に指示して、作成してもらったほうが良いでしょう。

経営者自身が作業を一から自分で覚える必要はありません。これだけ見れば、ネット初心者でも十分開始は可能です。
しかし、成功するために必要な知識となると、経営者自身が知っておくべきことは数多くあります。まず、インタ—ネット通販の特性やインターネット通販のお客様特有の動きなどを知り、その後、どのような商品に絞り込み、どう顧客を集めて来るのか、といったことが必要です。

実店舗に置き換えると、出店の際の設計や建築などは外注先に任せるが、立地に応じたコンセプト作り、商品選定などは経営者自身が考えるのと同じです。ネットショップも実店舗と同じで、経営者の「意志」がはっきりと入ったお店作りをする必要があるのです。


開業チェックリスト
ネットショップを開店する前に、これだけはチェックしておきたいポイントを次のように10挙げました。もし改善すべき点があったらもう一度出店計画を練り直す必要があります。
チェック項目は大きく分けて、3つのポイントに分けられます。

①~⑤ネットショップ運営に関して
⑥⑦費用に関するもの
⑧~⑩は顧客に関するもの
このチェックリストは課題発見に活用してください。

①商品の独自性…他店では満足できない商品か、他店にはないサ—ビスか

②目的…ウェブサイトでどんなお客様に何を提供したいかが明確か

③商品の適正…インタ—ネット通販に向いている商品か、そのための工夫をしたか

④強み…価格競争だけ(安いだけ)のサービスになっていないか

⑤対応…毎日定期的にメールチェックができる体制か

⑥初期投資…初期投資額に無理はないか、開始後の宣伝費は確保しているか

⑦運営費…毎月必要以上の「無理な固定費(人件費や家賃などごがかかっていないか

⑧対象顧客…インターネットでの来店が予想される顧客層か、そのための工夫をしたか

⑨新規顧客…新しい顧客を定期的に獲得できる商品か、そのための対策があるか

⑩固定顧客…一回買ったら終わりではなく再購入や再来店してもらうための工夫をしているか


ネットショップの噂は本当?
インタ—ネットは普及してまだ数年しかたっていないため、様々な噂が駆け巡っていますが、商売で確実に儲けを出すためには、たんなる噂と正しい情報を整理しておきましょう。

噂①インターネット通販では世界中の人が顧客になる
→実際は個人事業、中小企業においてはあくまでも特定の目に見える顧客を対象にし、固定客にできるかどうかが勝負になる。

噂②インターネット通販は一番乗りした者が一人勝ちするため後発では無理
→実際は埋もれているお客様ニーズをどう吸い上げ、独自の土俵を作れるかが勝負。チャンスはまだまだある。

噂③すべてネット上で完結するため効率アップが可能になる
→実際は確かに効率はアップするが、すべてネット上で完結するわけではない。実店舗、電話、FAXなどの活用も重要。

噂④きれいなウェブサイトでなければダメ
→実際はきれいなだけではダメ。見栄えよりもお客様にとって使いやすくなければダメ。また、全体の情報の量(ボリューム感)も大切

噂⑤ウェブサイトは定期的に更新しないと顧客が離れていく
→実際はこれはホント!定期的に新しい情報を提供することは成功に欠かせない。

噂⑥ウェブサイトを作って掲載しておくだけではお客様は来てくれない
→実際はこれもホン卜!ネットショップを実店舗に置き換えると「人里離れた山奥に」店舗を出店するようなもの。見込み客をどう開拓するか、そのための積極的な働きかけが成功の第一歩になる。


サーバーヘのアップロードで開店しよう
●お店のホームベージデータをサーバーに登録
ネットショップの「お店」はホームページになります。この「お店」の開店は、サーバーヘの登録(アップロードといいます)から始まります。プロバイダーが提供するホームページスペースにお店をつくる場合やレンタルサーバーで出店する場合は、指定されたサーバー、借りたサーバーにホームページのデーター式を送ることになります。送るデータは自分のパソコンで表示や動作をよく確認し、間違いがない状態で送らなければなりません。商品の値段の桁を1つ間違えていたために大損をした例もあります。慎重の上にも慎重を期してチェックすることが肝心です。
データを登録するには、FTPソフトというソフトウエアを使うのが一般的です。FTPサーバー名、ユーザーID、パスワード、作成したデータをアップロードするフォルダ(ディレクトリ)などをFTPソフト上で設定し、送り込むデータを指定すればあとは自動的に作業が行われます。これらの情報はプロバイダーやレンタルサーバー業者から提供されます。ただし、一般的な決まりことや、サービス利用にあたっての操作方法などについては必ずしも個別に通知してくれないことがありますから、事前に各社のホームページなどで方法を確認しておくことをおすすめします。

●FTPってなに?
FTPはインターネットで利用されているファイル転送のためのプロトコル(通信上の決めこと)です。このプロトコルを利用して実際にファイルを転送するのがFTPソフトです。フリーソフトとしてインターネットから各種のFTPソフト(FFFTPなど)が入手できるので、それを使うのが一般的です。また、ホームページ作成用ソフトウェアを利用している場合には、そのソフトウェア自身にFTP機能が備わっている場合が多いので、それを使うのが一番簡単です。一度FTPでデータを送ってしまえば誰でもブラウザでそのページを開覧することができます。ホームページの情報は頻繁に更新して常に新しい情報が見られるようにしなければならないので、FTP作業は一度では終わりません。更新したホームページデータを、サーバー内のデータに上書きしたり、一部を追加したり、何度も何度も繰り返しFTP作業が行われます。できるだけ簡単に作業が行えるようにソフトを選び、運用方法を考えるとよいでしょう。

●集客のための検索エンジンヘの登録
お客様に来てもらうためには、お店の存在を広くアピールする必要があります。これにはさまざまな方法がありますが、まず第―に行うべきことは検索エンジンヘの登録です。検索エンジンの活用について、基本的にはキーワードをたくさん拾ってもらって検索結果に表示されやすくなるようにホームページをつくることと、労をいとわず多くの検索エンジンそれぞれに登録操作をすることです。登録の際に求められる情報はおよそ次のとおりです。
ホームページのURL
紹介コメント
メールアドレス
キーワード
ホームページのタイトル
申請者の氏名
紹介コメントの長さは検索エンジンことに違いますが長くて200字、短くて30字くらいです。キーワードにはタイトルやコメント以外に検索キーワードになる単語を5つか6つ書き込んでおくとよいでしょう。

●ショッビングモールの場合の注意
ショッピングモールによっては、自由にホームページをつくるのではなく、モールが提供するひな形にのっとって、必要情報や写真などをブラウザからの操作で登録するだけの手続きになっている場合があります。その際はFTP操作などは不要になります。またショップの広告についてもモール側でさまざまなサービスを行ってくれるので、ほとんど手間がかかりません。反面では独自性が生かせない場合がないともいえません。


儲かるお店づくりの基本
コンセプトを考え店舗イメージをまとめるまではネットショップも実店舗も同じ。そこから先のお店づくりが違います。 儲かるためのネットショップづくりのコツは何でしようか。ネットシ∃ップは大金を投じなくても開店でき、実店舗では考えられないような数のお客様が訪れてくれる可能性があります。さまざまなタイプのお客様がスムーズに情報が得られ、満足していただけるようにショップをつくり上げる必要があります。美しいデザインを心掛けたいものですが、ともすれば美的なページを追求するあまりに肝心な商品情報などが伝わりにくくなることがあります。ネットショップはホームページ作品披露の場所ではなく、儲けを追求する店舗なのだということを忘れずに、自己満足に陥ることなくお客様本位のつくり方をする必要があります。ネットシ∃ップオーナーは優れた技術者やデザイナーである必要はありません。ページづくりの基本ポイントをおさえれば、お客様を呼び 寄せ、商品購入意欲を湧かせるネットショップ構築が十分に可能です。

●お客様本位のお店づくり お客様が商品購入意欲を刺激されるお店とはどんな店なのでしよう。人気がある実際の店舗の魅力をまず考えてみましょう。たとえば次の3点は成功しているお店に共通している特徴でしよう。
○欲しいモノがある
○お店がキレイで、商品が見やすく配置さねている
○店員が親切で感じが良く、商品についてよく勉強している

実はこれらの特徴は、成功しているネットショップにも共通しているのです。欲しいモノが揃っていることは当然として、お店がキレイで商品が見やすいことは、ホームページのコンセプトやレイアウト、内容がしっかりとしていることと同じです。また店員(オーナーも含め)の性格や知識のレベルについてもホームページから伝えることができます。もちろんネットシ∃ップではお客様が売り手の顔を見ることはできません。

しかしその欠点を補ってお客様に安心して買い物をしてもらうための工夫がされています。ネットショップの魅力の1つには、リンクをクリックしてあれこれとページを移動して楽しめることがあげられます。これは実店舗内をぶらぶらと商品を見ながら歩いて楽しむことに相当するでしよう。逆に言えば、つまらないお店は長く歩き回ることなくさっさと通り抜けられてしまうように、ダラダラと退屈なページが続きそうなネットショップではお客様は一瞬にして去ってしまうのです。 ネットショップが心掛けることは、実店舗の場合と同様にいかにお客様に気持ちよく買い物してもらうかということです。そのためのお店=ホームページでお客様を迎えるかを工夫する必要があるのです。

ナビ