→洗練されたブログマーケティング戦略が必要


今や誰もがブログを書いています。同僚も、家族も、取引先も。もはやブログなしには事業が成立しない、といえば言いすぎですが、ブログがマーケティングに活用できるということは間違いありません。

もっともそのためには、洗練されたブログマーケティング戦略が必要です。そうでなければ、ブログはただノイズにすぎません。なぜなら、ブロコスフィア(ブログの言論圏)では毎日、文字どおり何千もの新しいブログが作成されているからです。

その中から、自分のブログを突出したものにしなければなりません。 ブログとは、Weblogの略語で、Web上に公開された日記のようなものです。一般に更新頻度が高いことも特徴です。

―見するとサイトに似ていますが、よく見れば、記事が日付で整理されていることに気付くでしょう。これがブログです。ブログを作成・管理するには、Blogger、TypePad、Movable Type、またはWordPressなどのツールを使用します。 ブログは次のような形でコミュニケーションの機会をもたらします。
・タイムリー
・マイナスの評判をプラスの評判に変える。
・エキスパートとしての地位を構築する。
・検索結果の順位を向上させる。
・マスメディアの報道を獲得する。
・新しいクライアントを誘引する。

これらも、メリットのほんの一部にすぎません。 今やサイトはすっかり主役の座をフログに明け渡してしまったかのように見えます。もちろんサイトでも、記事やプレスリリースを更新することは可能なのですが、だからといって見込み客や記者が自社のサイトをブックマークして、最新情報をチェックしてくれると考えるのは無理があります。

同じように、メールマガジン(メルマガと呼ばれることも多い)を発行していても、それを見るのは購読者だけです。メルマガは強力なマーケティング手法ですが、Webのユーザーや検索エンジンからは遮断されています。 それらと異なり、フログはパブリックスベースでの会話です。 訪れたユーザーはコメントすることができ、記事の内容をフィードで購読することもできます。 宣伝だけではブログに読者は集まりません。

読者を集めるブログは、パーソナルで、有用で、レスポンスのよいものである必要があります。 ブログに書くべきこと フログのメリットは、くどい売り込み文句を使わなくても事業を成長させられることです。もちろん、ブログから自社のサイトヘリンクするのはよいことですし、適切な範囲で個別の製品やサービスにリンクするのもよいでしょう。

ただし、過剰な宣伝文や自社サイトヘのリンクが多すぎるような場合には、ブログ自体が大安売りのセールストークのようになってしまい、価値のあるものには見えなくなってしまうことには注意すべきです。 事業の成功のためにすべきことは、見込み客を啓蒙することと、その関心を引くことの2つです

。そこに過剰な宣伝文句は必要ありません。そのようなアプローチは、フログのような広報活動で使用するのではなく、即時に利益を生み出そうとする広告活動に使用するために保留しておいてください。 また、会社情報をブログで繰り返すことも、ブログに関する大きな間違いの1つです。

会社情報は通常、フログにとって魅力的なものではありませんので、それらはサイトに掲載すべきです。ブログで読者の関心を獲得するには、次のような情報を公開するとよいでしょう。
・即効性のある「ハウツー」。
・独自の調査結果(読者を対象にブログ上でアンケート調査を行うことでもできます)。
・業界の有名人や人気者のインタビュー。
・ほかのブログに関する話題。
・最近のニュースに関する意見。
・イベント、カンファレンス、または見本市についての情報。

重要なことは、上記の情報はどれも、自社の製品やサービスに関するものではないということです。フログを自社の最新情報を告知するために使うことはもちろん可能ですし、たとえば大企業では、複数のフログを使うことで、カスタマーサービスのFAQを更新したり、ソフトウェアなどの更新情報を告知したりすることがあります。

しかし、あなたがこれから1つのフログを始めようとしているのであれば、必ずしも自社に関するものばかりではないコンテンツを作成してください。 例を見てみましょう。ペット用品店であれば、販売する製品についてだけでなく、次のような記事を書くべきです。
・季節ごとのペットの健康に関するヒント。
・従業員のペットについての個本的な講。
・動物保護施設の里親イベント。
・ペット用品店が後援するチャリティィベント。
・災害で遺棄された動物を読者が救済する方法。

このように、書くべきことはいくらでもあるのですが、ブログを書いた経験がなければ、書くために必要となる時間が心配かもしれません。 毎日ブログを更新するようなブロガーのように、発信する情報量が多ければ、そのほうがWeb上では目立ちます。高い更新頻度は理想です。しかし、ブログを始めたばかりであれば、無理せず月1回くらいのペースでブログを書いてください(場合によっては自分のフログを作成する前に、―定の期間はほかの人たちのブログにコメントするだけにとどめるのもよいでしょう。

これだけでもある程度は人目に触れることができます。更新頻度を高めるのは、態勢が整ってからでも構いません。繰り返しになりますが、複数の執筆者がいれば、ブログ更新の負担は分担できます。 ブログは必ずしもまとまった論考である必要はなく、そのため記事は短くても構いません。

いくつかの段落でできた短いものが有効な場合もあります。重要なのは文章量ではなく、内容と更新頻度です。 読者が参加してくれれば、魅力的な記事を書くことはずっと簡単になります。読者の成功事例やアイデアについて、読者に問いかけてみてください。こうしたフィードバックを得るのは困難かもしれませんが、フィードバックこそがブログを通じて獲得したいものなのです。


記事タイトルにキーワードを含める

記事タイトルにキーワードを含めることには、2つの点でメリットがあります。1つめのメリットは、タイトルは読者と検索エンジンの両方に見られるということです。なお、スパムを避けるために、すべてのページのタイトルに同じキーワードを含めないでください。
サイトのキーワードテーマを作成する方法を思い出し、その考え方をブログに適用してください。

タイトルには、ブログ全体のキーワードテーマを補足するキーワードを使用します。このテクニックは、検索結果から読者を誘導するのに役立つだけでなく、ブログの「以前の記事」や「アーカイブ」ベージでタイトルを見る可能性がある読者を誘導するのにも役立ちます(多くのブログツールが、この種のカテゴリの下に記事を自動的にアーガイブします)。

タイトルにキーワードを含めることの2つめのメリットは、タイトルはパーマリンク(当該記事のURL)で使用される可能性があるということです。たとえば、ベット用品店のブログのタイトルが「5 Steps for Raising a Healthy Kitten」であれば、その記事の固定リンクはwww.blogname.com/5-Steps― for― Raising― a― Healthy― Kittenのようなものになります。
これは検索エンジンとの相性のよいURLです。ブログツールが記事に相応しいユニークなパーマリンクを作成してくれることもありますし、そうでなかったとしても、設定を変更できる可能性があります。

フィードとPingでブログを広く開放する
黙って待っているだけでは、読者はブログに戻ってきません。
数人の誠実な読者は戻ってくるかもしれませんが、大部分は戻ってこないでしょう。でも落ち込まないでください。フイードを配信すれば、読者はそれを通じて記事を読むことができます。
フィードには2種類の主要な仕様があります。RSSフィードとAtomフィードです。どち
らもブログやサイトのコンテンツを配信するフォーマットであり、ブログでは一方または両方のフィードを配信できます。
RSSまたはAtomフィードは、フイードリーダーと呼ばれるプログラムで購読できます。BloglinesとFeedreaderは無料のフィードリーダーの代表例です。
もっと簡単に説明すると、フィードを配信することで、読者はあなたのブログをフィードリーダーで受信し、購読することができます。それは、サイトのユーザーがメルマガに登録して、メールソフトでそれを読むのとよく似ています。

ここで、RSSまたはAtomフィードの作成方法について話すつもりはありません。その方法を学習したいなら、Webに無料のリソースがあります。
たとえば、フィード管理サービスのFeedBurnerのサイトでは「フィード入門」という有用な資料が公開されています。
あるいは、インターネットの技術に詳しい人に実装してもらうのもよいでしょう。いずれにしても、ほとんどのブロクツールには標準でフィード配信機能が組み込まれているので、技術的な方法は知らなくても構いません。フィードが重要である理由と、その活用法について説明しましょう。

今までのところは、見込み客と検索エンジンの注意を集めることに重点を置いていました。次はマスメディアです。マスメディアで紹介されると、たちまちエキスパートとして周知され、事業のプロモーションにもなる可能性があります。また、オンラインメディアから得られるリンクの価値は無限です。マスメディアで紹介されるために、フロ
グをニュースバリューのあるものにしてください。記者に向けてブログを書くということを理解している人々は、事例、統計データ、ヒント、特集レポートなど、高いニュースバリューのある情報を公開しています。記者はこの種の情報を求めていますし、見込み客もまた、耳寄りな話としてこれらの情報を高く評価します。この種の情報を公開し、強調してください。

記者は記事のアイデアやソースを求めてブログをよく見ており、実際、多くの記者がフィードリーダーを通じてブログを購読しています。フィードを配信することが、特集される可能性を高めるのです。記者がブログを見にきたとしても、常に内容もタイミングもぴったりだとは限りません。

しかしどこかの時点では、あなたの話題がタイムリーで、誰かの記事に適切なものになることでしょう。その時のために、フィードを配信して記者に新しいコンテンツを提供し続けるのです。
もちろん、記者もブロゴスフィアを探索しています。このため、ブログ検索を通じて記者の注目を集めることもできます。検索エンジンにpingを送るのです。この方法なら、検索エンジンの注意も引き付けることができます。

pingを送信することで、ブログをアップデートしたことをほかのサイトに伝えることができます。ping送信機能はブログツールに付いています。また、Ping-0‐ MaticまたはPingoatのような、ブログ検索サイトにPingを一括送信する無料サービスを使用することもできます。

ブログマーケティングが初めてで、手が付けられないと感じられるなら、とりあえずフィードとpingについては無視して構いません。ブログをWeb上に広める多くの方法を模索するような態勢が整ってから、再びこのセクションに戻ればよいのです。

フログマーケティングは迅速かつ強力なので、わずか―夜のうちに有名になることさえ可能です。しかし、良い意味で有名になる場合と、悪い意味で有名になる場合があります。
ブロガーたちはあなたの評判を高める重要な役害を果たす可能性があるだけでなく、炎上を起こしてブランドにダメージを与える可能性もあります。





ナビ