→ネットショップの広告を宣伝して効果的に集客するコツ



ネットショップの広告宣伝
今のネットショップは広告宣伝費をかけないと客集めはかなり難しいです。
多くが有料化したために、昔のようにただで宣伝してくれる集客力のあるところはあまりありません。

よってそれなりに集客をしようと思えば実際に店舗を構えて折り込みチラシに金かけているのと大きく変わりません。

ただ、ネットショップは小規模でやろうと思えばできてしまうだけです。

この点は昔と違ってかなり安いレンタルカートもあるので低コストでできてしまいます。
でもそういった激安レンタルカートで低コスト運営しているところで売れている店は殆どないと考えてよいと思います。

ネットショップの広告手段はいくつかあります。
1、検索エンジンのキーワード連携広告

2、ポータルサイトのバナー広告

3、口コミを意図的につくりだすバズ広告

4、直接的な検索上位施策(SEO)

5、紙媒体広告

などがあり、それらをバランスよく行ってはじめて集客ができます。

その上で、広告の費用対効果に基づく商品の価格設定や広告費の調整も要ります。
扱う商品によっては費用対効果がとりづらいものもあるのでで、やみくもにカネをかければいいってものでもないです。
利益を出してるネットショップは程度の違いこそあれどこれらを実践してますし、実践してるからこそ利益が出ます。

ちなみに開設直後のサイトが検索対象になるには、初期施策を行った上で3~6週くらいかかります。
そこから順位が安定するにはヤフーで2~3ヶ月、グーグルで3~6ヶ月かかります。
ちなみにこの期間を短縮するのも技術です。

メジャーモールへ出店
モールへの出店などは集客力が目的の店が殆どですが、欠点は参入ショップが多すぎる点です。
あの中から売れるショップになるにはやっぱり広告料がかかります。

そこからはSEO対はやっぱり大事ですよ。
でも一番大事なのは何を売るかとサイトの作りです。
サイトが凄くキレイで売るものが大した事ないと、最初は売れてもリピートに繋がりません。

売るものが良くてもサイトの見た目がショボイと買ってもらえません。
その両方を頑張るのが良いですよ!

そこディレクトリ登録。ディレクトリ登録会社は高い。
まだ安いのはYahooリステングも効果出すと高くなりgoogle adwaersは難しい。

後はメール。アフィリエイト会社と提携するのも大きい手ですね。
御金があるなら良いディレクトリ登録会社やYahooリステングがいいが人のためになるような心を持ってサイトや商売すると売り上げも伸びるでしょう。人との付きあいです。良いサイトは口コミがあげてくれるでしょう。



マスコミに取り上げてもらうコツ
現在マスコミが取材ネタ探しをする際、インタ—ネットを活用するケ—スが多くなっています。
こうしたマスコミの習性を利用しない手はありません。 実際、繁盛しているネットショップの多くは(もちろん積極的な営業活動もしていますが)それらパブリシティの活用の仕方が上手です。

そこで項目を設けて欲しいのが、「実店舗が地元の新聞に紹介された」など、今までのマスコミ登場を紹介するぺ—ジです。初めはどんな小さな記事でも良いので、過去に掲載されたパブリシティ記事を具体的にまとめます。ネットショップに来店したお客様にとって、安心感や良いイメージを与えられるし、取材対象をネットで捜しているマスコミの方にとっても取材できそうだなといつたイメ—ジが湧きやすくなります。
サイト作りは、「すべてをできるだけ具体的に掲載すること」が重要です。この際も「掲載媒体名、時期、内容概略」などを具体的に書くと良いでしょう。

インタ—ネットビジネスは始めやすいと言われますが、成功しやすいかどうかは別です。
「山奥にオープンしたお店」に来店してもらうには、宣伝活動などの地道な活動が欠かせないからこそ、新聞や雑誌のパブリシティのような、新規のお客様との接点は大切にしたいものです。


ネット外の集客術
インタ—ネット通販という商売はインタ—ネット内だけでは完結しません。特に来店促進を目的とした営業活動は、実店舗、チラシなどのツールをいかに連動させて使っていくかで成果が分かれます。インタ—ネットの外でできる来店促進の活動にはどのようなものがあるか見ていきます。

①インタ—ネットの外で行なう有料集客,販促活動…チラシ配布、新聞雑誌など既存メディアの広告、DMハガキ送付、カタログ配布など。

②インタ—ネットの外で行なう無料集客活動…実店舗に来店したお客様への紹介、看板や商品パッケージなどへの記載、新聞雑誌へのパブリシティ掲載など。

ネットショップへの集客は地道な日々の活動の積み重ね無くしてあり得ません。開始当初は期待以上の来客は無いのが当たり前と考えてください。また、これだけをやっていればOKというような安易な方法もありません。まずやるべきことをやる、つまり、一歩一歩告知を行ないつつ、お客様を待ち、一度来店したお客様には最大の満足を与え、長期的なファンになってもらうという姿勢が大切です。

参考までに弊社でお手伝いしている各ネットショップで行なった「効果のあった集客活動」の調査では、「得意先のサイトに掲載してもらったリンク」「配布しているチラシに、URLを掲載して」「新聞に記事が掲載されて」「オークションサイトから」などが挙げられています。
ナビ